転職で50代が狙える高待遇の仕事

転職で50代が狙える高待遇の仕事は種類がとても限られています。若い人でも非正規が増え続けている中、50代以上の人が座り仕事で体が楽で、給料が良くて休日とボーナスがある仕事で正社員など夢のまた夢と言えるでしょう。

今回は転職で50代でもある程度の高収入が見込める職種について見てみましょう。

1.思った以上に困難な50代の転職

50代の人が何らかの理由があって転職をする事になった時に、この歳で正社員で働くのは難しいけれど、何らかの仕事はあるだろうとあまり深刻に考えずに就職活動を始める人が多いかもしれません。

しかし50代の転職は、それなりに納得できる待遇の仕事を見つけようと思ったら困難を極める事が多いでしょう。

特に何の資格も無く、また必要もない職種で働いていた人が前職と同じ仕事内容の会社を受けたからと言って、経験者であるという事が有利になる事はほとんど無いと言えるかもしれません。

企業が50代以上の人を積極的に雇わない理由としては、

・前職が役職で変なプライドを持っている事が多い
・物覚えや仕事のスピードなどが不安
・年上は扱いにくく年相応のクセがある人も多い

等々、全ての人が当てはまるわけではありませんが、このようなイメージで考えられている事も多々あるのです。

2.もしも正社員で職に就けなかったら

長期間転職する為に就職活動をしてきたけれど、自分の希望ラインの就職先を探してきたけれど失業保険の給付期間も切れそうな場合は、とりあえず働かなければ老後の為に貯めてきた貯蓄を切り崩しながら生活する羽目になります。

50代の就職活動は妥協しなければ長引きやすく、その間は国民年金なので社会保険に入っているよりも給付額が下がってしまいます。

貯金を切り崩したり無職期間が失業手当をもらえる期間よりも長引きそうになった場合は、とりあえず社会保険付きでなるべく時給が高い所で働きながら探す方が良いでしょう。

3.50代で高待遇の仕事を狙うなら・・・

50代以上で正社員かつ高待遇の仕事を狙う場合、果敢に何十社も挑んで良い会社に入れるチャンスを待つか、少々体がきついけれど介護関連の仕事に就くという選択肢が現実的です。

しかし介護はとても自分に出来そうにないし、良い求人が本当に無くて限界を感じた場合、時給制で社会保険に入れるパートや派遣を利用するのも一つの手です。

正社員ではなかなか仕事が無くても、社会保険付きのパートやアルバイトであれば比較的高い時給を打ち出している所で働く事が出来ます。ここでポイントなのは出来るだけ時給が高い所に行く事と、社会保険に確実に入れる職場を見つける事です。

工場の派遣などは社会保険に入れる会社がほとんどな上に、時給も1000円以上もらえる事が多いですから、何社かあたってみると良いでしょう。

社会保険に入れれば御の字

長年同じ会社で働いてきたけれど、何らかの事情で転職を余儀なくされた場合、今までもらっていた給料と同じ待遇での仕事を見つけるのは中々困難です。

希望の仕事に就けるまで粘るより、社会保険付きである程度の年収が見込めれば御の字と考えて、貯蓄を減らす事なく働きながら探す方が良いのかもしれません。

30代女性が転職をするときに気を付けるポイント

1.既婚か未婚かはこだわらない会社もある

30代で転職を考える女性も多いと思います。そのときに必ずといっていいほど影響をするのが既婚であること。本来、面接で聞いてはいけない質問と言われていますが、今なお「お子さんのご予定は?」などと聞かれることが少なくありません。

子供を望んでいる望んでいないにかかわらず、既婚女性が転職活動をするときは何かしらの理由があるはず。自分の働き方、これからの仕事で自分がどうなりたいかなどしっかりとしたビジョンをもって転職に臨みましょう。

人員を募集しているということは今まさに必要な人材が欲しいという状況なのです。必ず既婚、未婚にこだわらず採用してくれる会社はあります。既婚であることが必ずしも足かせになるとは限りませんよ。

そして既婚で採用してくれる会社は女性の力を大切にし、なおかつ期待している会社と言ってもいいかもしれません。

2.未経験職種より経験職種で応募が転職の早道

20代の場合、未経験職種に応募しても入社してからの成長を期待して採用となる場合があるのですが、30代の場合は即戦力としての活躍が期待されます。もし、他の職種に興味があったとしても応募の際は経験職種を希望することが転職への早道です。

入社後に異動の希望が出せる会社や、成長企業などは人の入れ替わりも多いため部署異動も可能な場合があります。入社前から未経験職種にしぼって活動をすると転職活動期間が長引く可能性があるので注意しましょう。

いかに今までの経験で役に立てるか、貢献できるかを積極的にアピールすることが大切です。

3.素直さ・柔軟性をアピールして転職を勝ち取ろう

30代になるとそれなりに業務を経験して、自分に自信がついているという人も多いのではないでしょうか?しかし企業側からしてみると、大半が素直な人、柔軟性がある人に来てほしいと考えています。

単純に仕事ができるというだけでは社内の業務が円滑に回らないことも多いのです。面接で自分の希望や意見ばかりを述べ、頭が固い印象がついてしまうと転職がなかなか上手く進まないという事態になりかねません。

フレキシブルに対応ができる、企業からして仕事を依頼しやすいと思われるように柔軟性をアピールしましょう。即戦力になりつつ仕事を選ばない人材はそれだけで会社にとって貴重な存在なのです。

面接では応募書類を見ただけでは判断できない「人柄」を一番見られていると意識して臨んでください。

上記の内容をまとめると、

・30代既婚女性でも受け入れ先は必ずある
・30代女性の転職は経験職種で門を叩く
・30代女性は柔軟性が転職を成功に導く

このようなことが言えます。

20代の頃に経験した就職活動よりも厳しいと感じる人も多いかもしれません。しかしそんな30代女性の力を必要とし、期待してくれる会社は必ずあります。時間はかかってもあきらめずに30代での転職を成功させて、より輝く人生を送ってください!

転職の限界はどの程度まで?目安になる年齢は

転職の際に年齢がハードルになるケースも存在します。これは長期視点で若手の育成を行いたいのか、ある程度年齢が高くても即戦力が欲しいかでも異なるからです。

年齢を覚えるほど仕事を覚えるまでに時間がかかるケースもあることから、異業種からの転職も視野に入れて年齢を低めに制限しているケースも少なくないのです。

転職エージェントランキングで比較したい人はこちら

1.第二新卒までを視野に入れた25歳が最初のハードル

25歳とかなり若い年齢がハードルに設定されている場合があります。これは第二新卒を含めた若手の育成に重点に置いているからで、大卒から3年程度が目安になります。若い方が学習能力が高く、自社の色に染めやすいと言うメリットもあります。

また、長期視点で考えた場合、人材に中間層が多いのも問題のため、バランスをとる為に募集をかけることもあります。

新卒で募集しても一定の割合で退社や転勤を決める人材もいるため、欠員補充の意味合いが強い場合もあるなど、企業によって事情はそれぞれです。条件も新卒とほぼ変わらないものが多く、初めてつく業種でも入りやすいのが特徴となります。

2.新規での転職が難しくなる30歳

30歳となるとかなり選択肢が狭くなってきます。物を覚える速度だけでなく体力的な問題も加わるため、肉体労働系の仕事も減ってくるのが30歳です。

未経験者で異業種に挑戦するのは30歳までと思った方が良く、それ以上の年齢になると途端に仕事を選べなくなるのです。実務経験があれば様々な選択肢も増えますが、派遣や契約社員でコストカットに追われる企業も多く、中々良い条件が見つからない場合も多いのです。

30歳を転職のリミットと考える人も多く、やり直しがきく最後のラインと思うのも方法の一つです。不満があるなら早めに転職をしてしまうのも方法で、あとから後悔するよりはましになることもあるのです。

有資格者であればあまり年齢を問わずにつける仕事もあるため、資格の勉強や技術を身に着けてから転職に挑むのも方法で、職業訓練校に通う等、一旦回り道をするのも選択肢の一つです。

3.35歳で未経験はほぼなくなってくる

35歳になると未経験でつけるものは単純作業の仕事が中心になり、年収面でもかなり落ち込んでしまうことが増えてきます。正社員ではなく非正規の仕事が大半を占めるようになり、実際に非正規で働いた方が給料が良いケースすらあります。

経験者であることを活かして管理職などのキャリアアップのための求人に応募する以外は、年収アップも難しいのです。

転職よりも独立を考えた方がいいケースすら出てくるため、生涯キャリアを考えるのであればある程度の経験と資格などを確保してから転職に挑んだ方が良いと言えます。

ほぼ5歳ごとにハードルが厳しくなる

転職のハードルになる年齢は段階でわかれており、5歳ずつが大きな区切りになります。つまり、

・第二新卒扱いになる25歳
・新しく仕事を始めるのが厳しくなる30歳
・要経験以外の仕事がほとんどない35歳

です。自分の年齢に合わせた下準備をしておかないと、転職先がそもそも見つからなくなってしまうケースもあります。

実務経験だけでなく資格やスキルも重要なため、社内での評価を高めるだけでなく、万が一に備えて勉強をしておくの方法なのです。また、資格を手に入れてから改めて転職に挑むのも一つの方法となっています。

転職の効率的な探し方お教えします

いざ転職活動をしようと決めてもどこから手をつけてよいか検討がなかなかつきませんよね。特に新卒で企業に入社してから初めて転職活動を行うという場合は情報収集の仕方がまったく違います。どうやって求人を集めるのか、ハローワークに行くべきなのか?

たくさんの疑問が頭をよぎると思います。今回は経験を元に効率的な転職活動の方法をお伝えします。

1.エージェントを使う

一番最初にオススメする方法は転職エージェントに登録することです。なぜ一番最初がオススメなのかというと、転職に関する知識がまったくない状況で闇雲に活動するのは非効率的です。

そして転職市場の現状を一番把握しているのが転職エージェントだからです。転職市場は常に動きがあるため自分の知っている情報や周りから教えてもらった情報が現在も有効なのか。今は自分が希望する職種にとって求人が多い時期なのかたくさんの情報を持っていています。

登録する際に自分の希望する会社の条件に加えて、たくさんの情報を教えてもらえたり、自分が疑問に思っていること不安な点などをダイレクトに訊ねることができます。

またはこういったように活動すると自分の職歴にあった有効なアドバイスを無料で得ることが出来ます。今後の転職活動の要となる情報をまずは収集しましょう。

2.転職サイトへの登録

エージェントに登録すると、先方が自分の希望に合った求人を紹介してくれるます。対して、転職サイトに登録して出来ることは自分主導で大量の求人の中から希望に合う求人を見つけることが出来る点です。

どんな求人があるのかを目を通すことも今後の転職活動の参考になるかと思います。そして、スカウト機能などがあり転職サイト上に登録した履歴書をみた企業側から面接を受けませんかといった具合の連絡を頂くことも出来ます。

具体的な履歴書の書き方などが掲載されていたりとより具体的な転職活動への情報を得ることが出来ます。また、エージェントとは違い転職サイトは自分の時間の都合がつく時に利用できる点も自分の転職活動のリズムに合わせて使えるので大変便利なものになります。

3.SNSを使う

FacebookやTwitterなどSNSを利用して転職を行う企業も増えてきています。現在はFacebookのアカウント利用して登録するアプリなどがあり、アプリ上で求人検索して、直接企業にアプローチできる点が上げられます。

直接コミュニケーションをとることにより、その企業の雰囲気などがリアルにわかることがメリットです。

企業の雰囲気や社風などは面接や実際に入社してからではないとなかなか実感しにくい部分ですが、SNSを使い直接企業とやりとりをすることにより自分が直接企業側の考え方や社風に触れる機会があるということは転職後のビジョンがよりリアルに思い描くことができます。

以上のように昨今の求人の探し方は圧倒的に自分ひとりの力で行うのではなく、他のエージェントやアプリケーションなどを使いことが有効とされます。

大量の求人に対して自分の希望する条件をクリアする求人自体は決して多くはないのが現状です。より多くの求人情報に触れることにより希望の転職先に出会う確立をあげられるように効率的に求人情報を収集しましょう。

女性の”働く”を応援する日経の転職サイト 日経WOMANキャリア