バイトしながら転職先を探すのは妥当か

転職活動のやり方は、色々とあります。中には、アルバイトをしながらお仕事を探す方々も見られるのですね。

一旦はどこかの会社を退職して、いわゆるつなぎのアルバイトをするパターンです。それでバイトで働きながら、改めて転職先を探す方法もあります。

1.退職をすると収入は途絶える

そもそも退職をして転職活動をするのは、実はリスクがあるのです。退職をした場合は、少なくとも収入源は途絶えてしまう事になるでしょう。

無収入の状態でお仕事を探すのも一法ですが、やはり生活のやり繰りなどの問題があります。日常生活では色々とお金を使いますし、それが不足するのも困りますね。

転職活動で必要なお金は給付金も上手に利用 – 転職サイトは[PROSEEK]

2.アルバイトならば収入は途絶えない

そこでアルバイトをしながら、転職活動をするという選択肢が浮上します。そして、それは確かに一理ある方法なのですね。それには色々なメリットがありますが、まず上記のリスクに関する点です。

少なくともアルバイトをする以上は、バイト先からお金は支払われる事になります。働いた分は、時給計算で給料として還元されるからです。ですので上記のように、収入源が途絶えてしまう事は無いでしょう。

それだけ生活上のリスクを抑えながら、お仕事を探すことができる訳ですね。

3.長期アルバイトより短期がおすすめ

ただその方法で転職活動をするとなると、やはり長期アルバイトよりは、短期のバイトの方が推奨されます。なぜなら後者の仕事の場合は、比較的簡単に辞めることができるからです。

例えば前者の長期のアルバイトとして、半年契約の会社で働く事になったとします。ところでその半年の間に、比較的早く転職先が見つかる事もあるのです。アルバイトを見つけて3ヶ月が経過したタイミングで、新たな転職先が見つかったとします。

その場合は、やはり一刻も早く転職先で働きたいと思うものです。しかし半年契約の会社となると、あまり早いタイミングで辞めてしまえば、アルバイト先に迷惑がかかってしまいます。ですので長期のお仕事よりは、むしろ短期の方が、柔軟に対応しやすい訳です。

4.登録制のアルバイトなどは柔軟

とりわけ登録制のアルバイトなどは、転職活動では推奨されます。そのバイトの場合は、1日単位でも特に問題無いからです。

基本的にはいつでも辞める事ができるのですから、それだけ柔軟に対応しやすくなるのですね。速やかに転職先に移れる事を考えれば、登録制などはおすすめと言えます。

5.アルバイト先に転職する事も

またアルバイトをしながら探している内に、いつの間にかアルバイト先で働くようになる事例もあるのです。

つなぎの為に働いたものの、働きぶりが良かったので、アルバイト先から声をかけられる事もあります。それで正社員として雇用される事もあるので、思わぬ転職の縁が生じる事もあるのですね。

バイトしながら探すのは賢明

以上から、次のような点が言えるでしょう。

・バイトしながらお仕事を探せば収入は途絶えない
・登録制のアルバイトはおすすめ
・バイト先が転職先となる事も

つまりバイトをしながらお仕事を探すやり方も、やはりメリットがある訳ですね。バイト先で社員として登用される可能性がある事も考えれば、そのやり方はある意味賢明とも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です