希望職種の転職活動は40歳前半が女性のギリギリライン

女性が希望職種に就けるのは40代前半がギリギリラインと言われています。

40代どころか30代ですら希望職種の求人は狭まっていますが、根気よく転職活動すれば決して不可能ではないのが40代前半です。今回は40代の転職・就職事情を見てみましょう。

1.一部の職種を除いて希望職種に就けるのは40代前半が限界

経験が必要で特殊な仕事や介護などの万年人手不足の業界を除き、正社員で希望の仕事ジャンルに就けるのは40代前半が限界と言えるでしょう。

求人数はとても少ないですが、女性が事務職で働きたいと思った時にこの職種に就けるのは40代前半までだと思われます。同じ40代でも前半と後半では45歳を境目に選択の幅は一気に狭まってしまいます。

40代前半は比較的条件が良く、それなりの会社に入社したり応募したり出来る最後のチャンスとも言える年代です。それ以降は職場によりますが介護などのハードな職業か時給制のパートなどに甘んじるしか無い場合も多いのです。

2.40代女性が転職するならダメ元で聞くのも大事

40代の女性が就職活動をする際には、職業安定所などで年齢を入力して募集対象の求人を見ることも多いでしょう。

40代以上の女性の求人でなかなかいい物が見つからなかった場合、35歳位までなどと書かれている求人にもダメ元でアプローチしてみると良い結果になるかもしれません。

もちろん年齢を伝えてみて電話口で断られる場合もありますが、中には快く面接をしてくれる企業もあります。

40代の女性の転職のコツは、

・失業給付が切れそうになるまでは妥協しない
・就職活動と同時進行でこれから先も食いっぱぐれない資格について調べる
・求人の年齢幅を自分の年齢より広げて検索してみる

といった事が挙げられます。

40代はここがポイント! / 転職成功マルわかりガイド – マイナビ転職

3.転職したけど微妙な企業は早めに見切りを付ける

40代以上になると就職活動をするにしても時間との勝負です。

人は毎年誕生日が来れば一つ年齢が上がりますが、例え40代前半に就職に成功したとしてもそこが居心地が良いとは限りませんし、中には正社員で募集しているにも関わらず初めはパートからで、働きぶりを見て正社員にすると言ってくる企業もあります。

職場環境が悪い場合は後から再び転職する事になってしまう可能性がありますし、初めはパートで後から正社員と言われた場合、試用期間3か月など具体的な数字が出ず、ずっとパートで働いている先輩などがいた場合には安く使い捨てされる可能性が高いです。

歳をとればとるほど再就職先を見つけるのが難しくなってしまう年代なのですから、こういった微妙な就職先に悩みながら留まっていると他の就職先へ変更するチャンスを逃してしまいます。

終の棲家を見つけるつもりで就職活動し、変な職場に当たったらさっさと見切りを付けましょう。

それまでの職歴が試される40代

40代の転職は、今まで自分が働いてきた職歴次第で随分と難易度が変わってくるでしょう。転職を繰り返していたような人の場合は、長年働いていた人よりも当然採用はされにくくなる場合が多いです。

しかしながら40代前半は希望職種に就ける最後のチャンスと言える年代なので、後々の事を考えて職場選びをしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です