転職で30代で選ぶ仕事は女性の今後の人生を左右する!?

女性が30代の時に転職で選んだ仕事や就職先は、特に独身女性にとって今後の人生を大きく左右する事になるかもしれません。

20代後半よりも求人数は少なくなりますが40代よりは多く、この時期に選んだ就職先によってはある程度体に負担がかからずに定年まで働く事が出来るか、それとも転職を繰り返して就職先がどんどんグレードダウンしていくかの二択になる場合があるのです。

1.30代女性が転職の際に職場選びを慎重にする事の重要性

現在の日本は一つの企業で一生勤めるという時代ではありませんので、転職に成功しても更に転職する事になるかもしれませんが、みなさん転職する際は次が最後という気持ちでずっと同じ所で長続きさせたいと思っている事でしょう。

30代はちょうど就職活動で言えば人生の節目とも言える年代ですから、この時期の就職先選びに失敗すると後々まで尾を引きかねません。仮に再び転職する事になってしまった場合、次は更に高齢での転職活動が待っている為、良い条件が探しづらくなってしまう事も。

30代女性の転職でなぜ職場選びを慎重にしなければならないのかと言うと、

・また転職する事が無いように、一生働ける良い環境・待遇の職場を見つける
・20年後でも精神・体に無理なく働ける職場を今のうちにキープするのが目的
・良い条件の職場で定年まで働いて後の生活基盤を整える

このような理由があるのです。

2.転職を考える30代女性の職探しのコツ

転職を30代女性がする場合、職業安定所だけでは求人数が心もとない場合があります。今はインターネットで正社員募集を専門にしているようなサイトもありますので、そのようなサイトを利用して自分のプロフィールを登録し、職安以外でも求人をチェックしてみましょう。

家の近所に買い物に行くとよく無料の求人誌などが置いてある場合がありますが、求人誌では昇給率やボーナスなどが詳しく書かれていない場合が多く、失敗は出来るだけ避けたい30代としては、なるべく細かい情報を知る事が出来る職安やインターネットを活用するのが無難です。

定年まで働けそうか・体や精神的に楽そうかなどを念頭に置き、自分に出来る事の中から探すのが良いでしょう。

3.まだ若いけれど時間があると思ってはいけない

30代はまだまだ若いですが、20代のように若さにあぐらをかける年代とは決して言えません。そろそろ人生舐めてかかれない年代なのです。

この時期にまだ時間に余裕があると思い、就職先が見つからないからとりあえず派遣で・・アルバイトで・・・と考えていると、それが長引いた場合に正社員での転職のチャンスを失ってしまう事になる場合もあります。

派遣は世の中が思っているほど安定していないわけではありませんが、一生働ける職場ではないためその都度転職を繰り返す羽目になりますし、転職活動と転職活動の間に貯金が目減りする事もあるので老後にも響いてくる場合があります。

まだ就職先の選択肢があるうちに適切な職場で長く働く必要があるため、微妙と感じたら悩んで時間を無駄にする事なく自分に不必要なものを効率よく就職活動していきましょう。

転職で天職探しは過去のお話

時々30代になっても転職が見つからないと言っている人を見かけますが、天職を見つけられる人はごくわずかです。例え趣味を本業にしたとしても全ての人が幸せとは限りません。

30代になったらある程度経験を積んだでしょうから、天職探しではなく一生働ける職場を自分が無理無く出来る事の中から探すのが重要になってくるでしょう。

出産しても、全国どこでも働ける一生モノの仕事 | 女の転職@Type

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です