転職で50代が狙える高待遇の仕事

転職で50代が狙える高待遇の仕事は種類がとても限られています。若い人でも非正規が増え続けている中、50代以上の人が座り仕事で体が楽で、給料が良くて休日とボーナスがある仕事で正社員など夢のまた夢と言えるでしょう。

今回は転職で50代でもある程度の高収入が見込める職種について見てみましょう。

1.思った以上に困難な50代の転職

50代の人が何らかの理由があって転職をする事になった時に、この歳で正社員で働くのは難しいけれど、何らかの仕事はあるだろうとあまり深刻に考えずに就職活動を始める人が多いかもしれません。

しかし50代の転職は、それなりに納得できる待遇の仕事を見つけようと思ったら困難を極める事が多いでしょう。

特に何の資格も無く、また必要もない職種で働いていた人が前職と同じ仕事内容の会社を受けたからと言って、経験者であるという事が有利になる事はほとんど無いと言えるかもしれません。

企業が50代以上の人を積極的に雇わない理由としては、

・前職が役職で変なプライドを持っている事が多い
・物覚えや仕事のスピードなどが不安
・年上は扱いにくく年相応のクセがある人も多い

等々、全ての人が当てはまるわけではありませんが、このようなイメージで考えられている事も多々あるのです。

2.もしも正社員で職に就けなかったら

長期間転職する為に就職活動をしてきたけれど、自分の希望ラインの就職先を探してきたけれど失業保険の給付期間も切れそうな場合は、とりあえず働かなければ老後の為に貯めてきた貯蓄を切り崩しながら生活する羽目になります。

50代の就職活動は妥協しなければ長引きやすく、その間は国民年金なので社会保険に入っているよりも給付額が下がってしまいます。

貯金を切り崩したり無職期間が失業手当をもらえる期間よりも長引きそうになった場合は、とりあえず社会保険付きでなるべく時給が高い所で働きながら探す方が良いでしょう。

3.50代で高待遇の仕事を狙うなら・・・

50代以上で正社員かつ高待遇の仕事を狙う場合、果敢に何十社も挑んで良い会社に入れるチャンスを待つか、少々体がきついけれど介護関連の仕事に就くという選択肢が現実的です。

しかし介護はとても自分に出来そうにないし、良い求人が本当に無くて限界を感じた場合、時給制で社会保険に入れるパートや派遣を利用するのも一つの手です。

正社員ではなかなか仕事が無くても、社会保険付きのパートやアルバイトであれば比較的高い時給を打ち出している所で働く事が出来ます。ここでポイントなのは出来るだけ時給が高い所に行く事と、社会保険に確実に入れる職場を見つける事です。

工場の派遣などは社会保険に入れる会社がほとんどな上に、時給も1000円以上もらえる事が多いですから、何社かあたってみると良いでしょう。

運転が好きならお勧め 直行直帰のルート営業 | はたらいく

社会保険に入れれば御の字

長年同じ会社で働いてきたけれど、何らかの事情で転職を余儀なくされた場合、今までもらっていた給料と同じ待遇での仕事を見つけるのは中々困難です。

希望の仕事に就けるまで粘るより、社会保険付きである程度の年収が見込めれば御の字と考えて、貯蓄を減らす事なく働きながら探す方が良いのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です