転職の限界はどの程度まで?目安になる年齢は

転職の際に年齢がハードルになるケースも存在します。これは長期視点で若手の育成を行いたいのか、ある程度年齢が高くても即戦力が欲しいかでも異なるからです。

年齢を覚えるほど仕事を覚えるまでに時間がかかるケースもあることから、異業種からの転職も視野に入れて年齢を低めに制限しているケースも少なくないのです。

転職エージェントランキングで比較したい人はこちら

1.第二新卒までを視野に入れた25歳が最初のハードル

25歳とかなり若い年齢がハードルに設定されている場合があります。これは第二新卒を含めた若手の育成に重点に置いているからで、大卒から3年程度が目安になります。若い方が学習能力が高く、自社の色に染めやすいと言うメリットもあります。

また、長期視点で考えた場合、人材に中間層が多いのも問題のため、バランスをとる為に募集をかけることもあります。

新卒で募集しても一定の割合で退社や転勤を決める人材もいるため、欠員補充の意味合いが強い場合もあるなど、企業によって事情はそれぞれです。条件も新卒とほぼ変わらないものが多く、初めてつく業種でも入りやすいのが特徴となります。

2.新規での転職が難しくなる30歳

30歳となるとかなり選択肢が狭くなってきます。物を覚える速度だけでなく体力的な問題も加わるため、肉体労働系の仕事も減ってくるのが30歳です。

未経験者で異業種に挑戦するのは30歳までと思った方が良く、それ以上の年齢になると途端に仕事を選べなくなるのです。実務経験があれば様々な選択肢も増えますが、派遣や契約社員でコストカットに追われる企業も多く、中々良い条件が見つからない場合も多いのです。

30歳を転職のリミットと考える人も多く、やり直しがきく最後のラインと思うのも方法の一つです。不満があるなら早めに転職をしてしまうのも方法で、あとから後悔するよりはましになることもあるのです。

有資格者であればあまり年齢を問わずにつける仕事もあるため、資格の勉強や技術を身に着けてから転職に挑むのも方法で、職業訓練校に通う等、一旦回り道をするのも選択肢の一つです。

3.35歳で未経験はほぼなくなってくる

35歳になると未経験でつけるものは単純作業の仕事が中心になり、年収面でもかなり落ち込んでしまうことが増えてきます。正社員ではなく非正規の仕事が大半を占めるようになり、実際に非正規で働いた方が給料が良いケースすらあります。

経験者であることを活かして管理職などのキャリアアップのための求人に応募する以外は、年収アップも難しいのです。

転職よりも独立を考えた方がいいケースすら出てくるため、生涯キャリアを考えるのであればある程度の経験と資格などを確保してから転職に挑んだ方が良いと言えます。

ほぼ5歳ごとにハードルが厳しくなる

転職のハードルになる年齢は段階でわかれており、5歳ずつが大きな区切りになります。つまり、

・第二新卒扱いになる25歳
・新しく仕事を始めるのが厳しくなる30歳
・要経験以外の仕事がほとんどない35歳

です。自分の年齢に合わせた下準備をしておかないと、転職先がそもそも見つからなくなってしまうケースもあります。

実務経験だけでなく資格やスキルも重要なため、社内での評価を高めるだけでなく、万が一に備えて勉強をしておくの方法なのです。また、資格を手に入れてから改めて転職に挑むのも一つの方法となっています。

転職の効率的な探し方お教えします

いざ転職活動をしようと決めてもどこから手をつけてよいか検討がなかなかつきませんよね。特に新卒で企業に入社してから初めて転職活動を行うという場合は情報収集の仕方がまったく違います。どうやって求人を集めるのか、ハローワークに行くべきなのか?

たくさんの疑問が頭をよぎると思います。今回は経験を元に効率的な転職活動の方法をお伝えします。

1.エージェントを使う

一番最初にオススメする方法は転職エージェントに登録することです。なぜ一番最初がオススメなのかというと、転職に関する知識がまったくない状況で闇雲に活動するのは非効率的です。

そして転職市場の現状を一番把握しているのが転職エージェントだからです。転職市場は常に動きがあるため自分の知っている情報や周りから教えてもらった情報が現在も有効なのか。今は自分が希望する職種にとって求人が多い時期なのかたくさんの情報を持っていています。

登録する際に自分の希望する会社の条件に加えて、たくさんの情報を教えてもらえたり、自分が疑問に思っていること不安な点などをダイレクトに訊ねることができます。

またはこういったように活動すると自分の職歴にあった有効なアドバイスを無料で得ることが出来ます。今後の転職活動の要となる情報をまずは収集しましょう。

2.転職サイトへの登録

エージェントに登録すると、先方が自分の希望に合った求人を紹介してくれるます。対して、転職サイトに登録して出来ることは自分主導で大量の求人の中から希望に合う求人を見つけることが出来る点です。

どんな求人があるのかを目を通すことも今後の転職活動の参考になるかと思います。そして、スカウト機能などがあり転職サイト上に登録した履歴書をみた企業側から面接を受けませんかといった具合の連絡を頂くことも出来ます。

具体的な履歴書の書き方などが掲載されていたりとより具体的な転職活動への情報を得ることが出来ます。また、エージェントとは違い転職サイトは自分の時間の都合がつく時に利用できる点も自分の転職活動のリズムに合わせて使えるので大変便利なものになります。

3.SNSを使う

FacebookやTwitterなどSNSを利用して転職を行う企業も増えてきています。現在はFacebookのアカウント利用して登録するアプリなどがあり、アプリ上で求人検索して、直接企業にアプローチできる点が上げられます。

直接コミュニケーションをとることにより、その企業の雰囲気などがリアルにわかることがメリットです。

企業の雰囲気や社風などは面接や実際に入社してからではないとなかなか実感しにくい部分ですが、SNSを使い直接企業とやりとりをすることにより自分が直接企業側の考え方や社風に触れる機会があるということは転職後のビジョンがよりリアルに思い描くことができます。

以上のように昨今の求人の探し方は圧倒的に自分ひとりの力で行うのではなく、他のエージェントやアプリケーションなどを使いことが有効とされます。

大量の求人に対して自分の希望する条件をクリアする求人自体は決して多くはないのが現状です。より多くの求人情報に触れることにより希望の転職先に出会う確立をあげられるように効率的に求人情報を収集しましょう。

女性の”働く”を応援する日経の転職サイト 日経WOMANキャリア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です