30代女性が転職をするときに気を付けるポイント

1.既婚か未婚かはこだわらない会社もある

30代で転職を考える女性も多いと思います。そのときに必ずといっていいほど影響をするのが既婚であること。本来、面接で聞いてはいけない質問と言われていますが、今なお「お子さんのご予定は?」などと聞かれることが少なくありません。

子供を望んでいる望んでいないにかかわらず、既婚女性が転職活動をするときは何かしらの理由があるはず。自分の働き方、これからの仕事で自分がどうなりたいかなどしっかりとしたビジョンをもって転職に臨みましょう。

人員を募集しているということは今まさに必要な人材が欲しいという状況なのです。必ず既婚、未婚にこだわらず採用してくれる会社はあります。既婚であることが必ずしも足かせになるとは限りませんよ。

そして既婚で採用してくれる会社は女性の力を大切にし、なおかつ期待している会社と言ってもいいかもしれません。

2.未経験職種より経験職種で応募が転職の早道

20代の場合、未経験職種に応募しても入社してからの成長を期待して採用となる場合があるのですが、30代の場合は即戦力としての活躍が期待されます。もし、他の職種に興味があったとしても応募の際は経験職種を希望することが転職への早道です。

入社後に異動の希望が出せる会社や、成長企業などは人の入れ替わりも多いため部署異動も可能な場合があります。入社前から未経験職種にしぼって活動をすると転職活動期間が長引く可能性があるので注意しましょう。

いかに今までの経験で役に立てるか、貢献できるかを積極的にアピールすることが大切です。

3.素直さ・柔軟性をアピールして転職を勝ち取ろう

30代になるとそれなりに業務を経験して、自分に自信がついているという人も多いのではないでしょうか?しかし企業側からしてみると、大半が素直な人、柔軟性がある人に来てほしいと考えています。

単純に仕事ができるというだけでは社内の業務が円滑に回らないことも多いのです。面接で自分の希望や意見ばかりを述べ、頭が固い印象がついてしまうと転職がなかなか上手く進まないという事態になりかねません。

フレキシブルに対応ができる、企業からして仕事を依頼しやすいと思われるように柔軟性をアピールしましょう。即戦力になりつつ仕事を選ばない人材はそれだけで会社にとって貴重な存在なのです。

面接では応募書類を見ただけでは判断できない「人柄」を一番見られていると意識して臨んでください。

上記の内容をまとめると

・30代既婚女性でも受け入れ先は必ずある
・30代女性の転職は経験職種で門を叩く
・30代女性は柔軟性が転職を成功に導く

このようなことが言えます。

20代の頃に経験した就職活動よりも厳しいと感じる人も多いかもしれません。しかしそんな30代女性の力を必要とし、期待してくれる会社は必ずあります。時間はかかってもあきらめずに30代での転職を成功させて、より輝く人生を送ってください!

転職活動にも旬がある?転職にちょうどよい時期はいつ?|とらばーゆ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です